昨日SONYの新型機α700を銀座ショールームで触ってきました。
α100からどう進化したのか?BIONZは高感度はと疑問に残ったところを踏まえていきました。

外観は、オーソドックスな作りでα100よりも大きいです。程度な質感と大きめなグリップが
特徴です。このグリップがすごく手になじんで使いやすいです。

ボタン類ですが、ISOとWBの位置がちょっと微妙・・
これだと一旦手を離して操作する必要があります。以前の様は、FNダイヤルでは無く、ボタンで
独立しています。

ファインダーは、α100よりも大きく見やすいです。前よりも表示は見やすいです。

AFは、α100よりずいぶん改善され暗部でも迷わなくなりました。すっと合う感じです。
音も前のパコパコでは無くカメラらしい音がします。

画質ですが、BIONZエンジンの発色傾向は残されていてとても良い印象を受けました。
素材素子が変更になるので発色傾向も変わるかなと思いましたが全然問題ないです。

高感度ですが、こちらはかなり改善され、さすがISO3200は非常でISO1600でもノイズは出ますが
いやな感じのノイズではなくあまり目立ちません。ISO800は常用と思います。

液晶は、とても見やすいです。今までのデジ一で最高のクオリティです。フォトビューアーなみ
の高画質です。

最大の強みはDレンジの強化!これが最高に使えます。α100のJPEGのみの機能が、JPEGとRAWに対応
して、アドバンスでは5段階まで強調可能。レベルを変えるだけで、劇的に変化し逆光で強い武器に
なります。正直ここまで変わるのかと関心。

あと、付属のリモコンが付いてるのですが(HDMIでつないでTV再生)、このリモコンでリモート
撮影できます。他社では無いにくい演出です。

最近では、一番バランスの良い機種です。一度触ってみてください。データではわからないところで
すごい性能が隠れてます。