イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

22日から開催していますPIE2007に行ってきました。前年も行きましたが、今年は人がかなり多いです。
今回はピンポイントで回る事にしました。
最初はキャノンブースに行きました。さすが人が多くて最新機種「EOS1DMark掘廚鮨┐襪海箸できず。
となりのPENTAXブースに行きました。
PENTAXは、K100D・K10Dのヒットからシェアも復活してきてます。
今回は645のデジタル版とDA★の展示がメインでした。
さすが645デジタル大きいです。今回コダック製のCCDを採用していますので色鮮やかな画像を出して
くれそうです。(しかし、百万クラスでしょうね・・^^;)
もう一つはDA★レンズ。今回近日発売えを予定している、16-50と50-135mmも試験モデルで試写でき
るようになっていました。超音波モーターで速くなっているかとちょっと期待していましたが、
やっぱりあんまり速くないです。しかし、音が静かで安定製がありそうです。AFの速さよりも
正確性を高めた感じです。レンズの色乗りは良くシャープなのでかなりの良いレンズです。
もう一つは、新機種を発表したばかりのオリンパスブース。
今年の巻き返しを考え青一色のブースでE-410のほかにE-510も実機で体験できました。
ブース正面には、E-1の後継機のモックがありました。早く詳細を明らかにして発売してもらいたい
ものです。
話題はE-510で考えていたよりも薄くて小さいです。ほんとE-410の兄貴分です。
小さいのでホールディング性能が気がかりでしたが、非常に持ちやすくて使いやすいです。
暗いキットレンズでも、ブレずに撮影でき手ブレが強力に効いてると実感しました。
E-410は言うまでもなく小さく、キビキビしてます。
この2機種とも液晶が非常に見やすいです。ライブビュー時でもピントの山がしっかり見えます。
ブースも勢いが感じられます。がんばれオリンパス!そしてペンタもね。

<撮影機材>
OLYMPUS E-1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC